Pillsburyを使ってパンを簡単に15分で焼こう♪

       
3063 VIEWS
CATEGORIES:cook

Yuki

Jul.20.2014 - 09:22 am

アメリカのスーパーには必ずと言っていいほどPillsburyというメーカーのパンの素が売っています。
アメリカ在住の方でしたらおなじみかもしれません。

Pillsbury – http://www.pillsbury.com/
photo 1-1
これは缶の中に入っているパンの生地を並べて焼くだけどいうとっても便利な商品なんです!
生地にはもちろん味も付いてるので、ほんとに缶から出して並べてオーブンで焼くだけ。値段も$1.5ととってもお買い得ですね〜。
ルームメイトとスーパーへ買い物へ行ったのでこれを買ってきて朝からパンを焼きました〜。

私が今日の朝に焼いたのは左側の細めのやつ。クロワッサンですね。

作り方はさっきも説明しましたが、とっても簡単。
photo 2-1
オーブンを350°Fまで温めて、生地をぐるぐる巻いて、12分から15分焼くだけ。

では写真をつけながら詳しく作り方を追っていきましょう。

まず缶から生地を出すとこんな感じです。
photo 4

この三角形に切り込みが入ってますが、これを切り離してぐるぐる巻いていきます。
photo 3

こんな感じです。
そんで全部巻き終わって、オーブンも350°Fまで温まったら焼きます。

photo 1-2
これは8個入りでした。

私は少しサクサクしてるものが好きなので18分焼きました。時間は人それぞれかなって思います。
photo 2-2

焼き上がりです。
とってもいい感じに焼けました〜!!
photo 3-1 photo 4-1
ほんと出して巻いて焼くだけなので朝少し早起きしたら充分焼けますよね。
朝から焼きたてのパンを楽しむのもいいと思いました。

あと前にサンフランシスコへ車で行く時にもこれでパンを焼きました。
アメリカのハイウェイは日本のように豪華なサービスエリアが点在してるわけではないし、休憩所なんて何百マイルも先なんです。こういうときにこういう食べやすくて小さなパンは大活躍です。

というわけでPillsburyのパンの紹介でした〜!!簡単なのでぜひ作ってみてください♪

       

Yuki

北カリフォルニアのコミカレからSUNY Albanyへ編入した留学4年目の大学4年生。マンハッタンだけじゃない、ニューヨーク州の素敵なところやSUNYの大学留学情報をたくさん紹介していきます。