2ヶ月間のシリコンバレープログラミングキャンプでプログラミング以外に学んだ5つのこと

       
3377 VIEWS
CATEGORIES:study
Ycombinater

Mai

Aug.18.2014 - 11:29 pm

Ycombinater
みなさま! 久しぶりです、Maiです!

一昨日、マウンテンビューにあるcomputer science museumで最終日のDemo Dayを迎え、

無事になんとか2ヶ月間のプログラムを卒業することが出来ました!

 

初日から最終日まで本当にバタバタとしていましたが、ようやく時間が出来たのでこの2ヶ月間の振り返りを簡単にしたいと思います。

書きたいことはたくさんありますが、今回は敢えて、プログラミング以外に学んだ5つのことについてフォーカスしたいと思います。

 

2ヶ月間のシリコンバレープログラミングキャンプでプログラミング以外に学んだ5つのこと

(1)集中と選択

今回私が6月後半から参加したサンフランシスコのプログラミングブートキャンプでは、毎日朝の9時から夜の5時までとにかく膨大なカリキュラムと膨大な課題が課せられました。

最初の4週間で使用する言語の基礎、プログラマーに求められる性質、ゲームデザインからゲームメカニクスの構築、マネタイズまでみっちりとつめ込めさせられました。そしてその後4週間をかけてひとつのゲームを作り上げるのですが、その途中でやはり様々なtipsや当日のピッチの方法などを鍛えあげられます。

アプリのレビューにも似たようなことが言えますが、言われたアドバイスを全て鵜呑みにすると自分が一体どんなゲームを作りたかったのかわからなくなってくる瞬間があります。

また覚えておくように!と出された課題を全て慎重にこなしていては、特に私のようにプログラミング初心者で開発未経験のような人にはこの短期間でゲームを完成させることは不可能でした。

今回のキャンプでは、プログラミング言語の習得ももちろんのこと、とにかく短期間でインプットしなくてはならないたくさんの情報の中で、自分が一体何に集中してコミットしていくのかという、自らの情報の選択とワークの集中力がひたすら鍛えられました。

 

(2)自己管理の出来るマルチタスクプレイヤーでセルフスターター

プログラマーは、クリエイターとして毎日常に何かを作り続けています。

自ら自発的にアイデアを作り、機能を追加し、トラブルシューティングするその一連のワークの中では、次にどんな作業をするのか、優先事項はなにかといった自らタスク管理をする力が必要だと感じました。

キャンプ中ではインストラクターから学ぶこともありましたが、それがすごく自然に出来ている優秀な生徒ばがりだったのでそのことが何よりも良い勉強となりました。

 

(3)教えてくれる人、助けてくれる人を作っておくこと

キャンプ中には色んな問題が起こったり、プログラミングについてわからないことがたくさん出てきました。

自分で調べる力も必要ですが、私のような初心者にはどうやったって解決しないことに何時間も時間を費やすのは少しナンセンスでした。

そんな時にそっと聞ける相手を作っておくことはとってもとっても重要です。

私はキャンプ中に何度も何度も、色んな人から救われて最後までサバイブすることが出来ました。

 

 

(4)適度な気分転換をし、ストレス発散方法を知っておくこと

体は動かしていなくても脳内は常にマラソン状態だったキャンプ。

マラソンをする時には必ず水分補給地点というものがあります。

それと同様に、自分の息抜き方法をちゃんと知っておくことが大切です☆

開発に煮詰まったら少し休む、そしてまたキーボードを叩く!そうやって少しずつコンピューターの前にカムバックしてくるまでのタームを減らしていきたいものですね!(自分に言い聞かせる。)

 

(5)諦めない強い心を持つこと、考えることを辞めないこと、そして常に楽しむこと

なんだか少しずつ文章がルー大柴のようになって来ているような気がしますが、あまり触れずに優しい目で見守って頂けると嬉しいです!(笑)

 

プログラマーに求められるのは長距離マラソンのような強い忍耐力と、コツコツと頑張れる努力だと、現地スタートアップで働くプログラマーの友人に言われたことを今でも覚えています。

昔高校の時、クラスの女子長距離マラソンで2位を取ったことがあって自分は目標を決めてコツコツと努力するのが向いているんだなって感じたことがありました。

シリコンバレーでもサニーベールのHollenbeckにある山の16キロハイキングに初心者ながらに完走をして、その友人に驚かれました。(笑)

 

直ぐに結果を求めずにコツコツとひたむきに頑張れることはこのキャンプだけでなく、今後のプログラミングに重要なポイントの一つだと感じました。

とにかく早く作ったプロダクトを人に見せて、よりたくさんのフィードバックをもらい、すぐに改善をするというサイクルを回すこと。

そして自らがそれを作ることを楽しむこと☆

とにかくこれに尽きるのではないでしょうか!

 

 

これから私がやらなくてはならないこと

 

(1)毎日必ず何かしらのコミットをする

これは当たり前のことですが、毎日必ず何かしらのコーディングを続けキーボードから手を離さないということです。

そしてこうやって記事に書くことで自分への誓いの示しになるのです!

ゲームを作り終えて早速ですが、今は新しいプロジェクトに取りかかっています!(*^_^*)

 

(2)基礎から勉強をし直す

これはキャンプ中に集中と選択!と言い訳をして省略してしまったプログラミングの基礎的な部分であったり、キーボードのタッチタイピング練習です。

またGithubについてもまだまだ勉強が必要です。

 

以上となります。

また時間を見つけて少しずつ更新をしたいと思います。(*^_^*)



 

何かご質問があれば、お気軽にご連絡下さい。

       

Mai

カナダ在住。カリフォルニア州サンフランシスコでiOSのプログラミングスクールを卒業後、バンクーバーでフリーのUIデザイナーとして活動中。一年の多くをPCの前で過ごすキラキラ夢見るギークガール。最近の興味はハイキングと走ることです♪