メキシコは危険!? 女ひとり旅でも安全な『ラパス』に観光に行ってきた♡

       
2136 VIEWS
CATEGORIES:visit
14326161252_9b7459ef9a_k

Momoko

Jun.19.2016 - 08:41 pm

夏休みが始まり、気が付けば早3週間が経過しました。母がアメリカに来たため、一緒にサンフランシスコ観光に出ていたのですが、私はある目的のために母と別れた後、サンフランシスコから旅客電車のアムトラックに8時間半乗ってロサンゼルスに移動しました。

といっても、ロサンゼルスへ移動した目的はそこでの観光ではなく、ロサンゼルス国際空港(以下LAX)を利用すること。3年ぶりのLAXまで一人でたどり着けるのか不安でしたが、無事に到着しました。

そうして、飛行機に乗りロサンゼルスを後にした私が辿り着いたのはメキシコラパス(La Paz)。今回はここでダイビングをする目的を叶えてきましたよ!




ラパスってどこ?



カリフォルニアから南下した先、メキシコのバハカリフォルニア半島にラパスはあります。ここはリゾート地として有名で、主な観光客はメキシコ人。たまにアメリカ人を見かけますが、アジア人は全く見かけません。

パシフィックタイム(アメリカ西海岸を中心とした時間帯)との時差が+1時間。日本から行く場合はLAXで1度入国をしてから乗り継ぐようです。

コストをおさえるため、私もLAXからメキシコの格安航空会社ボラリス(Volaris)でグアダハラで乗り継ぎをして行きました。待ち時間が長かったですが、飛行機に乗っているのは5時間ほど。異国のため言葉や文化など苦労することが多々ありますが、電圧はアメリカと同じで対応したプラグを持っていく必要はありません。




ラパスでの食事は?

IMG_0888[1]
メキシコなので、レストランは主にメキシカンのお店ですが、日本食のレストランもありました。ネットでは英語が通じると書いてあるお店でも、実際に行ってみるとレストランのサーバーで英語を話せる人は少ないです。そのため、1番苦労したのはオーダーをするとき。英語とジェスチャーでなんとか伝えました。

チップはアメリカで支払いをするときと同じくらいで大丈夫です。通貨は$1あたり15ペソです。朝早くお店が空いていないこともあるので、よくみかけるオクソ(OXOX)というコンビニで購入することも。オクソやスーパーで売っている商品はアメリカからの輸入された物が多いです。




ラパスの魅力は?

ラパスは世界遺産できれいなビーチ。メキシコというと治安の悪いイメージがありますが、ラパスは安全。サンセットをみた後の9時過ぎでもビーチ沿いを歩いていても大丈夫。

IMG_0812[1]



ジンベイザメと泳げる!?

3日間フリーな時間があったので、2日間ダイビングをしました。飛行機に乗る日は気圧の関係でダイビングができないので、到着した翌日からダイビングをしました。お世話になったダイビング会社はコルテスクラブで、現地在住の日本人スタッフがいます。お客さんは私しかいなかったので、港近くで潜りました。アシカと泳げることで有名なポイントに到着したら、ガイドさんからアシカのボスが攻撃するかもしれないから近づきすぎてはいけないと忠告されました。実際潜ってみると、アシカの大きさと水中の冷たさに驚きました。なかなかアシカが近づいてこなく、シャッターチャンスがありませんでした。撮影の成功とともにアシカの泳ぐところを水中でみれてよかったです。

IMG_0872[1]
la-paz-94651_1920
ダイビングの後はジンベイザメと泳ぎました。ジンベイザメというと、沖縄の美ら海水族館。ここで豆知識ですが、ジンベイザメは英語で Whale Shark です。時期の関係で遭遇できないかもしれないと事前にガイドさんに言われました。運がよく、ポイントに到着するとすぐに遭遇。ジンベイザメを驚かせないためにゆっくり水中に潜りました。泳ぐスピードが思ったより速く、ついていくのが大変でした。ガイドさんは慣れていますが、私は息切れをしました。写真を撮ることはできませんでしたが、ジンベイザメの後ろにイルカが登場。間近でにみれて、横で一緒に泳げるなんて感動です。

IMG_0875[1]
翌日はシュノケールのメキシコ人観光客がいたため、ボートを1時間ほど移動したところで3本ダイビングをしました。前日と同様でアシカと遭遇できるポイント、沈船の近くで潜りました。日本でもダイビングをしたことがありますが、異なった魚とカメをみることができてよかったです。




最後に!

最終日に何をるか悩みましたが、長距離バスでバランドラビーチに行きました。ラパスで1番きれいなビーチで有名です。バスを降りるとスナックを売っている小さなお店とカヤックのレンタルのお店しかありません。驚くことにここは広いビーチで、ラパスのシンボルのマッシュルームの形をした岩まで歩いて20分。体がつかるほど深くはないので、海の中を移動するのもありでした。浅瀬は薄い水色できれいです。

ダイビングがメインの旅でしたが、まだまだやりたいことがありました。長距離バスで3時間程移動してトドサントスやロスカボスにも行けます。ラパスとはまた違った町のようです。ロサンゼルスからの航空券とホテル代で$800くらいで、日本から行くより断然お買い得。まだまだ長い夏休みが続きますが、まだプランが決まっていなければぜひラパスを訪れてみてはいかがですか。

top-image:https://www.flickr.com/photos/axeman3d/

       

Momoko

カリフォルニア在住4年目の学生です。健康第一と心がけて早寝早起きをしています。食生活にも気を付けようと思っても、甘い物の誘惑には勝てません。旅行が好きで暇さえあれば一人で行きます。今しかできないことを楽しむよう生きています。