カリフォルニアで車の免許を取得①:筆記試験編

       
3752 VIEWS
CATEGORIES:memo

Yuki

Jul.19.2014 - 11:42 am

昨日と今日と車の免許の筆記試験をDMV(Department of Motor Vehicles)まで受けに行ってました。

photo 2 photo 1
写真は私が住んでいるカリフォルニア州チコのDMVです。DMVは日本語にすると自動車局と言うのでしょうかね。車に関すること全般と免許センターみたいな感じでしょうか。よくわかってないんですけど笑
とまあアメリカで車の免許を取得するとなったら自分が住んでいる地域のDMVに行くことになるでしょう。

ここに行くのは今回で二度目でした。3月に私のルームメイトが実技試験を受けに来た時に興味本位でついて来ていたのでどんなとこなのかは分かっていたので一人でもぜんぜん余裕でした。

私は今までことごとくアメリカで車の免許を取ることを拒否に拒否しつづけてきたんですよね笑
日本で高校を卒業する一ヶ月くらい前に取ったんですけど、まあ運転に自信がなかったし別に車なくても生活していけるしなーって思ってました。なのでルームメイトやお世話になってた先輩に車に乗せてもらう時「運転してみる?」とか「車の免許取らないの?」ってよく聞かれましたけど答えはいつもNOでしたw
ルームメイトに関してはハイウェイに乗って遠くに行く時には「私が眠くなったら運転してくださいよw」って言われてきましたけど結局は私が寝るという結末でした笑

日本に帰るつもりはないのでアメリカで一応免許は欲しいなあって思っていたんです。ただやる気がなかっただけで。
しかしニューヨーク州に引っ越しをしたら寮に住む予定だし、車を持っている友達はいないかもしれないよねってルームメイトが言ってきたんです。だから取るとしたら今のうちじゃないかなと。

アメリカには日本のように自動車学校なんてありませんから免許を取るのに運転の練習をするとしたら車を持っている人に教えてもらわなくてはいけないんですよね。例えば家族とか友達とか。わたしはルームメイトが免許持っているので近くに教えてくれる人がいてほんとによかったです。留学生は特に車を持っ ている知り合いは限られてくるでしょうからカリフォルニアにいる今しか受けられないのかなと思って受けることにしました。

ってことで暇なの早速受けに行ってきました。今回は筆記試験を受けるまでの簡単な流れについてご紹介するエントリにしたいと思います。

【車の免許にアプライするために必要なもの】
・パスポート
・I-20
・I-94 (ここから自分のI-94をダウンロードできます→http://goo.gl/jLpGAi / Yesを選択→名前・誕生日・パスポート番号・Issuranceを発行した国を選択→自分のI-94が出てくるのでそのページを印刷したものを持参)
・持っていたら日本の車の免許

・$33

これらの書類は車の免許を取る上で超重要になりますので覚えておいてください。
Social Security Number(SSN)を持っていたらI-20やI-94はもしかしたら不要になるかもしれません。この二つは自分が合法的にアメリカ国内に滞在していることを証明するものです。
日本の車の免許も持っていたら絶対に忘れないでください。これがあるとないのとではかなり大きな差があるそうなので。

では具体的にどんなことをして筆記試験を受けるのかについて見ていきましょう。

ステップ①:必要事項の記入

まずDMVに着いたらStart Hereと書いてあるデスク1に並んで筆記試験(Written Test)を受けたいのだけどと係の人に言えば必要書類を記入するフォームが手渡されます。
それは今回はどんな種類の免許を取得するのか、名前、誕生日、アメリカの住所、SSNなどが聞かれます。私はSSNは持っていないので日本の車の免許の番号を記入しました。設問で分からないことがあれば係の人に聞くのがいいと思います。
その他にも犯罪歴などを問う質問のページや臓器提供の意思があるかどうかが聞かれる質問もありました。あとは選挙に関することとかかな。自分の意思ですべて正確に答えましょう。

ステップ②:番号の手渡し

必 要事項を記入するフォームを出したら係のおばさんがいろいろそのフォームを確認してくれます。それで私に関する情報をパソコンに入力されて番号札が手渡さ れます。このときに”Do you have your driver’s licence in your country?”とでも聞かれるかもしれないので日本で車の免許思っていたら提示する必要があります。
番号札はこんな感じでした。
photo-2
それでこの自分の番号が呼ばれるまで待ちます。
そしてここで費用である$33を支払います。クレジットカードは使えないみたいだったのでご注意を(現金か小切手かデビットカード)。

ステップ③:Legal documentなどの確認と視力検査

番号が呼ばれたら指定されたデスクへと向かいます。そこでは私が合法的に入国した留学生かどうかの確認が始まりました。そこでパスポート、I-20、I- 94を出さなくてはいけないのです。そして日本の運転免許も出します。とりあえず出せと言われた書類は全て出さないとあとからいろいろ面倒なことになりそ うなので必要な書類は抜かりなくしましょう。それで係のおばさんがいろいろとパソコンにデータ入力して筆記試験の準備をしてくれます。

そ れでちゃんと書類が揃って不備がなかったら指紋取って視力検査です。日本では運転する時視力が0.7なくてはいけませんよね。わたしはたぶん0.3とかし かないしコンタクトしてないので日本で免許の更新のときは1.0に合わせた眼鏡を作りました。しかしカリフォルニアでは検査板の文字が見えれば問題ない感じだったので眼鏡は不要でしたね。まあ運転するときは見えないだろうからつけなきゃいけなくなるんでしょうけど。
おばさんが「じゃあAのCのラインのアルファベット読んで」などと指定して言うので自分が見えたアルファベットそのまま読んでOKが出たら大丈夫です。

視力試験が無事クリアすれば次はいよいよ筆記試験です。何語で受けるか選べるのでそれで自分が好きな言語(まあ日本語か英語でしょうけどw)を言って、受験票みたいな紙をもらいます。それで試験担当のデスクまで行ってその紙を出します。

twitterでお見かけしたんですが州によっては日本語で受けられないとこもあるみたいですね。
まあカリフォルニアでしたら日本語オプションは確実ですが、他の州はわかんないので自分の州のDMVのHPなどで確認してみてください。

ステップ④:筆記試験

受験票みたいな紙を出したら、試験を受ける前に写真撮影があります。撮影するのにサインをし、写真を撮って、そしたら問題用紙が配られます。制限時間はたぶんないです。そしておそらく午後4時頃までだったら落ちても何回でも合格するまで受けられると思います。

私は念のために日本語で試験を受けました。訳が変なので日本語おかしい箇所がちょいちょい見受けられますが、気にしなければ大丈夫かとw
3つ選択の問題が36問と標識の問題が12問くらいだったかなと思います。
選択問題はバックするときの注意だとか制限速度とか追い越しに関する注意だとかそういうのが多かったですね。標識は日本の車の試験と同じような感じです。標識の意味を答える感じですね。標識も選択式です。

ネットには日本語の過去問も転がっているので、私は試験前日に軽くネットで勉強してました。

DMVのオンライン筆記試験テスト http://dontla.com/dmv/dmvtest.php

わたしはこのサイトが一番使いやすかったのでこれで勉強してました。実際のテスト形式になってて最後には丸付けもしてくれるんで。ここに出てくる問題も実際にもいくつか出てきたのでここで勉強しててよかったです。
やはりカリフォルニアは日本人の人口が多いだけあって運転免許の試験ひとつとってもネットにたくさん問題や情報が出てくるのでありがたいかぎりですね。

そんで6問間違いまでです。7問以上間違えたら不合格です。
選択式のはなんだかひねってあったりして凡ミス連発だったんですが、標識は標識に書いてある英語さえ分かれば余裕だったので簡単でした。

問題は書き込み式で、終わったら係の人がその場で採点してくれます。それで合格だったら仮免許が発行されて、次の実技試験に進みます。

実技試験は予約が必要だし、練習も必要なので来週以降受けにいこうと思ってます。またそのときのことは実技試験編として書き残すのでよかったら楽しみにしててください。
筆記試験に関してはこんな感じです。これから免許を取得する予定がある方のために手助けができたら嬉しいです。

       

Yuki

北カリフォルニアのコミカレからSUNY Albanyへ編入した留学4年目の大学4年生。マンハッタンだけじゃない、ニューヨーク州の素敵なところやSUNYの大学留学情報をたくさん紹介していきます。