全米No1住みたい町ポートランド観光いってきた。- カフェ&雑貨めぐりダウンタウン編 -

       
16527 VIEWS
CATEGORIES:visit
ポートランド1TOP

boo

Oct.19.2015 - 11:20 pm

皆様。ポートランドという街が、今巷でヤバい&アツい! ことになってるらしい。

最近までポートランドをどっかの国だと思い込んでいて行くチャンスを逃していたので行く機会がなかったのでござる。実際ポートランドは、アメリカにあってバークレーサンフランシスコから飛行機でなんと、1時間でいける「めっちゃ近いやん。」ということがは判明したのでいってきたぴょ。


関連記事:ポートランドはこちら


ファッションの街♡ポートランドの服めぐりの秘密のスポット紹介!古着編


現地で密かに人気!?ポートランドの『お土産&雑貨屋さん』おすすめ5選


観光スポットかよ!?ポートランドで人気の『お洒落&面白すぎる店』おすすめ5選インテリア編


はっちすたじおYOUTUBE動画も配信中!
海外バイヤーの巣窟!?ポートランド人気古着屋潜入!#01




IMG_7968
一緒に行ってきたのは、この人。座席がラッキーな事にぎりぎりまでにキャンセル待ちのオーバーブッキングで、ビジネスクラスにタダで乗れる事になる。やばい今回の旅ついている。

IMG_7975
で、ぶーーーーんと飛行機でポートランドへ。

ただし、お金がないため、ソルトレークでの乗り継ぎの便を選んだため、最初に乗った便の飛行機が遅れ、次の乗り継ぎに間に合わないかも!?ソルトレークで足止め一泊か!?とビビるhanae氏。ソルトレーク観光でもいいっかと、ポートランドに何の未練も無い諦めがはやいboo。

IMG_7976
で、最初の便と乗り継ぎの機体が同じだった為に、最初の飛行機が遅れたが、乗り継ぎよゆーだった。やはりついている。ただ、こーいう事を含めて、安いからといって乗り継ぎ便を選ぶのは結構リスクがあるなと。お金がある人は、ポートランド直行便を選びましょう。1時間位でつくよ。

IMG_7979
で、空港から、今回泊まる家までlyft(リフト)を呼ぶ。(lyftとは、今アメリカ流行っている、簡単にアプリで呼べるタクシーサービス。)

ちなみに、友達からの紹介でアプリをダウンロードすると20㌦タダ券がもらえるのでそれを使う。空港から家まで15分位で30㌦くらいかかった。若干、マリファナにほいがするドライバーの兄ちゃん。(すげーおしゃべりだが、人の話は全く聞いてないw)

IMG_7984
で家に到着。今回は記事でhanae氏がおすすめしていた、短期アパートや宿泊施設が簡単に発見・予約できるサイト、Airbnb を使って可愛いねーちゃん達の家に泊まった。一泊80㌦くらいであった。で家に荷物を置いて、家からバス停まで15分くらい歩き、バスで「イザ!ポートランド市内へ。」

IMG_8003
ポートランドでバスに乗るには、バスのおっちゃんに言ってチケットを買うか、携帯でバスチケットアプリをダウンロードするか。の2択でござる。

携帯のアプリを使えば、支払いも登録クレジットで上の画面が現れるので、これをドライバーに見せるだけで1日使える。(5㌦で乗り放題。)画像が動くちょーハイテク。ただネットが使えない場所みせれなくなり焦る。

IMG_8008
バスから見た景色。ポートランドにもホームレスの方が居ましたよ。ほほほw

IMG_8004
ちなみに、ポートランドはバスの中すら、何かが違った。まず、かなり綺麗だと言う事と、バスの運転手が白人の爽やかな若いおにいちゃんであり、スゲーーーーーー礼儀ただしいことにびびる2人。

IMG_8010
バークレーのバスのあんちゃんと確実にちがう。全然違う。しかも「ありがとう!」と客がいったら、返事しているぜーーーーーーー!?と激しくカルチャーショックの私たち。挨拶は基本無視のバークレーのバスの兄ちゃんがやさぐれてしまったのか。それともポートランドのバスの運転手が爽やかすぎるのか!?

IMG_8015
で、市内についったぽいところでバスから降りるとこんな感じ。ちょー綺麗である。緑がおおい。人があまりいない。黄昏たい気分にぴったりの並木道がつづく。バークレーは、タンやら、ゴミやら。ピーやらすててある。(余談)掃除後のバークレーよりも綺麗である。

ただ、土曜日なのに人影があまりいないのが衝撃で、やぱり歩く人は白人さんが多いイメージ。バークレーと全く似ていないぞ。

IMG_8016
路面電車のチケットはここでかえるらしい。今までのところポートランドのあらゆるものはハイテクだ。しかも、すごく使いやすく洗練されたデザインが多い。日本のJRは見習ってほしいと思う。(日本のJRクソサイトのお陰で迷いに迷ってブーは日本の新幹線のチケットを買うまで2時間費やした。)

IMG_8019
まじで、緑と人間がうまく調和されている。ちなみにアタシのカメラの腕は、50%の確率でブレるのだが、ポートランドが街が良すぎて、何をとってもプロ並に見える。

IMG_8021
並木道と素敵カフェが所々にあるのだよ。宮崎駿のまちなのか!?宮崎駿の描く、爽やかなお兄ちゃんたちがウロチョロいそうな街並みである。

IMG_8029
あらゆる所にフードトラック(屋台)があるのもポートランドの名物らしい。ついでに小腹が空いたので買うことに。ただ、土日は閉まっている所が多いね。気をつけてー。

IMG_8027
ハンバーガーやら。

IMG_8024
タイやら。

tIMG_8022
メキシカンやら。いろいろ。しかも10㌦前後で売ってるので、安い。やすし。一箇所に50台くらいのフードトラックが並んでいて、迷いに迷いすぎる。

IMG_8041
で、わたしたちは、何個もの屋台を切り抜けて、勝ち残ったちょーーーーイケメンのドイツ系お兄ちゃん2人組がやっている「フッシュ&チップス」を公園で食べる事に。今まで食ったやつなかで一番うまかった。

IMG_8039
ここの公園で食う。ギターのおんちゃんのクオリティーヤバくうまめ。しかも、この兄ちゃんの、選曲変だけど、抜群。

IMG_8316
で、食べたあと市内をプラプラ。歩くといたるところに緑が。こーいうところで屋台で買ったやつを食いながらデートしたらすげーいいだろう。シシシ。

IMG_8134
そしていたるところに、アートが。

IMG_8312
いたるところに、モニュメント。なぜか「おかし作りで乙女が泡立てるやつ。←言い方がわからん。」のモニュメント。

IMG_8238
こちらは、なぜかチャリンコが重なったモニュメント。ポートランドではチャリがイケテルやしい。(これだけ夕方w)

IMG_8050
そして、いたるところにセクシーなスケボー兄ちゃん。しかし、宮崎駿の映画には、出て来なそうな感じである。

IMG_8053
また、あまりにもポートランド市内はかわいい雑貨屋がたくさんあり、うっかりすると私たちは無言で入ってしまっていた。目的は一応「有名な本屋さんとカフェ」なのだが、おしゃれな雑貨が多すぎて、いい歳こいて道草ばかりして、たどり着けない私たち。

IMG_8144 IMG_8143
おされだよー。

IMG_8055 IMG_8062
ポートランドグッズがいっぱい。雨がよく降る街だから、自虐的なロゴがあしらった物が多し。かわいい。

IMG_8166 IMG_8165
ポートランドのペンダントとかね。可愛いけど、ちょっぴり、財布にキツい値段だと思ったら、全て、ハンドメイド。

 

IMG_8161 IMG_8155
イケメンのバックは、古本で作られたものやら。手作り感が漂うキーホルダー。

IMG_8151 IMG_8147
ポストカードとか、缶バッチ。ポートランドには、なぜか缶バッチがすごい多く売ってあり、缶バッチコレクターのhanae氏は、コレクターの使命感があるのかすぐ行方をくらましていた。

こんなのを見ながらキャッキャしながら、三十路の2人。いろんな店がひしめき合ってるので、まったく飽きねーぜ。

IMG_8067
で、10分位、雑貨めぐりと化してうろちょろ歩いていると、今回の観光の目玉。でけぇ本屋さん発見!!ここはかの有名な、「POWELL’s BOOK」に着く。

IMG_8071
初めて、こんなに大きい本屋さんを見た。

IMG_8074 IMG_8076
しかも観光地と化してるようで、ここににも「この店」のグッズがいっぱい。しかも、ダサくなくてかわいいのばっかり。ポートランドさすがだなー。こりゃイケてるデザイナーさんやら、エンジニアがポートランドに移りすんでいる噂は本当かもしれない。と。

IMG_8087 IMG_8088 IMG_8081
エコバックのコレクターでもあるhanae氏は、ここでもコレクターの実力を発揮して、行方をくらます。コレクター美大生にはなんともたまらない街らしい。

IMG_8122IMG_8084
で、本屋になぜか、携帯型タブレット型の塩とストロー型のはちみつが売ってあった。なぜだろうと思っていたら、ポートランドに塩とはちみつで有名な大富豪になったおっさんがいるからだって聞いた。(←うろ覚えw)

IMG_8093 IMG_8098
面白い本がたくさん。コーヒーの事だけを書くようになっているメモ帳とか、絶対水に濡れないノートとか。

IMG_8099 IMG_8100
ポートランドはマリファナが合法なので、「マリファナを楽しむ為の知恵袋」のマニュアルとか、↖︎のはジャガイモでマリファナの吸い方のページ。(需要があるのかは不明。)

IMG_8127
「豚を丸ごと食べるためのマニュアル」とか。どこにも売っていないだろう面白ろ本がいっぱい売ってるある。タイポグラフィーの本もいっぱいあった。

ところで、タイポグラフィーといえば、あとで聞いたが、ステーブジョブスが通っていた「リード大学」もここポートランドだったらしく、彼の大学が近くにあった。たぶん、ステーブジョブスもここに来てたであろう。(適当な推測)

ただ、ステーブジョブスのことも、ポートランド滞在3時間そこらでよく知らないが、ここで何かをひらめくは、なんかわかる気がした。というのは、街のスローガンでもある、「”Keep Portland Weird”(変な街でいようぜ)」がいたるところで発見できるからだw。変なことをとことん突き止めるポートランドは、一周回ってめちゃくちゃオシャレでかっこいいと思えてくる。原宿マジック的な感じなのだろうか。

IMG_8106
ここの本屋のふつーの壁に、なぜか、凄い有名な文豪人達のサインが。。あわてて、後から、カバーした感じが丸見えである。ちなみに、ブーは本を全くよまない為、何が凄いのかはわからない。しかしみんなここの壁の写メをとっていたので、すごいんだろうと。

IMG_8426
ちなみに、この本屋は、机もおいてあって、夜10時頃でも、こんな感じで勉強出来る様子。しかもなかなかいい雰囲気。バークレーより、勉強天国。

IMG_8171
で、次は近くの珈琲屋に。ここも有名なコーヒ屋だったらしくというか、ポートランドはいたるところに素敵でクオリティがハンパ無いカフェが並木道にひしめき合い、有名バリスタが修行に来る街でもあるらしい。

でよったのは、「Case Study Coffee」と言うコーヒやさん。ここは「全米コーヒーの美味しい街No.1 オレゴン州ポートランドの「サードウェーブコーヒーショップ7選!」」を見て絶対いきたいなーと思っていた。

IMG_8175
右のラテがめちゃくちゃうまかった。人のなのに、飲みまくるブー。焼き芋の味がすると褒めてるんだかけなしているんだがわからないhanae氏w

IMG_8170
いやー。すてき。おとぎ話でてきそうなカフェの窓から見える並木道の緑と隣に座る赤チェックシャツを来てパソコンに向かうイケメンポートランダー。

だれも、騒ぐ人はいない。今までどんだけカフェで騒いできたか。まーちゃんとカフェで喧嘩して周りからうるさいといわれる自分の人生を悔やむ。そろそろ、三十路、こんなところで落ち着きたい。ポートランドでカフェ難民になる事は間違いなくないだろう。。。

IMG_8135
で。いろいろ巡っているといつの間にか夜になったので、近くのレストランバーに行く事に。

IMG_8241
で、ついたのはここのバー。

ここのバーがまじでヤバかった。名付けるならば、宮崎駿の「耳を澄ませば」バー。

隠れ家的な感じで、下のフロアからは生演奏が心地よく聞こえてくる。騒がしくもなく、落ち着いている。ついでに、トイレが完璧。ここで、愛をささやきあいたい。(←本気な三十路)食べ物もうまい。しかもポートランドは消費税が無いらしく酒もやすい。嗚呼。ここに住みたい。愛をささやきたい。一発目のバーがこんなに素敵なんて。ポートランドのバーは、どこもかしこもいい感じなのか!!?

で、完全に「耳をすませば」の主人公と錯覚して、ほろ酔いでバスで帰宅。ちなみに、バスは24時間やってるぽい。完璧だ。

一日目の感想は、ぶらついただけだが、町並み、安さ、イケメン率、カフェ全て、バークレーよりポートランドが圧勝!!!こんなにもポートランドが素敵的な街なんて。。。。今までどっかの国だと思っていた自分が情けなくなって眠りについた。

ちなみに、次の日はいよいよ、ポートランドの目玉、古着屋巡り、地ビールを求め、シティからちょっと外れた南ポートランドに行く!!!


ポートランド関連記事:最終的に、PDX地元民になった奴が書く記事はこちら。笑


ファッションの街♡ポートランドの服めぐりの秘密のスポット紹介!古着編


現地で密かに人気!?ポートランドの『お土産&雑貨屋さん』おすすめ5選


観光スポットかよ!?ポートランドで人気の『お洒落&面白すぎる店』おすすめ5選インテリア編


はっちすたじおYOUTUBE動画も配信中!
海外バイヤーの巣窟!?ポートランド人気古着屋潜入!#01



       

boo

バークレー在住。人の話はほぼ聞いていない。大人なのによくふざけた事して怒られる。趣味、創ること。特技、二度寝。性格、適当。好きな文字、自由放浪。