アメリカ大学寮の裏事情!ルームメイトと“本気”で気が合わずにバトルした話。

       
8729 VIEWS
CATEGORIES:memo
Scan5

Sapphoo

Feb.25.2015 - 09:57 pm

こんにちは。前々回 アメリカでルームシェアするための事前チェックという記事を書いた私ですが、事前に確認しても問題は起こりうるのです。というか今回の件は、「寮」なので、ルームメイトを選ぶことが出来なかったというのもありますが…(中には事前にアンケートを取り自分にあったルームメイトを選ぶことが出来る学校もあります。)

寮のシステムと私なりの解決手段を、キャラがウスターソース並に濃いルームメイトとの思い出話をしたいと思います。まず、うちの寮は、ビルではなく、2階建てのおうちがお庭を囲み、各部屋6人が暮らしています。

Scan0005

お部屋の中はリビング、キッチンそして4部屋(2人部屋2つ、1人部屋2つ)という、一軒家みたいな感じで、2人部屋のほうが安いので、もちろん二人部屋をチョイス。

契約期間は1年で、同じ部屋で同じルームメイトと住むルール。と思いきや、秋学期の頃のルームメイトは交換留学生だったので、1学期限定のカナダ人と暮らしていました。その子はちゃらちゃらしていたけれど、お互い常に相手を気遣っていたので、特にルームチェンジを考えたことは無し。

Scan6
新年が過ぎ、新しい子から残ったルームメイト4人のもとへメールが一通。

Hello girls, New Roommateのマリエ(仮名)です!自然大好き。きれい好きです。ベジタリアンです。皆さんと会うのを楽しみにしています。See you soon♡

ふむふむ。なんとも礼儀正しい感じ。私の部屋に入るとのこと。共に頑張っていこうじゃないか。そして寮に入る数日前、その子から再びメールが。

Hello roommate,部屋の家具を移動させました!もっと快適になったよ!きっとあなたも気に入ると思うわ!

もともと私とルームメイトたちはあまりリビングをアレンジしていませんでした(全員シンプル イズ ザ・ベスト)が、え、許可も取らずにアレンジ?ま、まあどんなになったのかな~とドキドキ。そして土曜日に寮に入ると。

Scan0007

!?!?!?!?!?!?(あれ!!!!!(笑)リビングが工房になってる!!!(笑))

家具の位置は大幅にかわり、緑のランプがゆらゆらし、壁には彼女の描いた作品がところ狭しと飾ってありました。お部屋に入ると、私のベッドがと机が端に寄せられており、彼女のものが大半を占めている状態…しかもマリファナの匂い…バスルームで吸っているみたいです。とりあえずつかれていたのでその日はすぐに寝ようと布団につきました。zzz

次の日、ルームメイトの彼氏が夕方お部屋に来て以来、すっかりくつろいでいて、パンツ一丁でお部屋をうろうろ。そして彼女と同じベッドに入り映画を見て、、、、あれ!!!寝ちゃった!!!???とても気まずい…でも寝ちゃったから何も言えないし、まだ2日目だし、ていうか私の許可無しかYO!って思いながら寝ようとしたものの、

ルームメイトの彼氏のいびきがうるさくて寝れない!!!!!

結局朝6時になっても寝られないので、別のルームメイトがその時間起きてきたのを機にその子の部屋の床で寝ることにしました。(これはまずい…彼女と一緒に住める気がしない…)そう思ったさっふぉー。3日目にみんなでリビングのテーブルに座り、ルールを作りました。

①彼氏を部屋にいれないでほしい。

②マリファナを吸わないでほしい。

マリエと彼氏は承諾し、一件落着…と思った4日目。夜9時半に帰宅し、自室のドアを開けると、マリエと彼氏がベッドの上で裸で…えっと…

Scan0006

マリエ『oh…さっふぉ…Sorry

私(あれこういうシーンって映画の一部で見たことある気が…えーと、んーと、えっとぉ。。\に、逃げたい/)

そう思った時にはもうルームメイトの部屋を鬼ノック!し、入り、精神を落ち着かせようとヒーヒーしていました。どういうことだこれは…ワケガワカラナイ…そんな部屋で私は寝れない…というか吐き気が…結局自室に戻る気力はなく、ルームメイトの部屋で一晩過ごすことにしました。

次の日(5日目)マリエに勝負を挑んだ!!

Scan60003

サ『あの…こないだ決めたルールのことなんだけど

マ『ああ、昨日はごめんなさい。でも9時半に帰ってきたあなたも悪いわ

サ『ルール作ったじゃん!

マ『でも私のベッドなんだから何しようが勝手でしょ?

サ『不快だからやだっていってんの、ルール守ってよ

マ『この歳になれば、ああいうことをするのも普通なの、あなたはもっとカリフォルニアのライフを知るべきよ。

(え…なんで私悪くないのにこんな責められてんの…?つら…)涙涙涙

口論が弱い私は圧されてしまいました。

Scan6

マ:「泣いてたって何もわからないわ。ていうか隣のルームメイトの部屋のベッド、1つ空いてるんだからあなたがそこに移動すればいいじゃない。それで解決よ。」

(※隣のルームメイトの部屋の一人も交換留学生だったので、うちのルームメイトは全部で6人-2人+1人の現時点5人住み。)

たしかにそれで丸く収まるかもしれないが、なぜ今まで住んでた私が移動しなくてはならないのだ!

サ:「確かにそうだけど、、マリファナの匂いも未だに残ってていやなんだってルームメイトたちも言ってるよ」

マ:「匂いだけで私を動かそうとするなんて無理よ。」

マリエ氏強すぎ。ていうか私弱すぎ。

ここでルームメイト2人が帰ってきてこの修羅場を見てマリエに一言。

ルームメイトたち「さっふぉーがこんなに困ってるじゃんか。」

マ:「彼女は人と住むってことを学ぶべきなのよ。」

ルームメイトたち「その言葉そっくりあなたに返すわ。」

マ:「はいどーも。(部屋に入る)バンッ!!!」

いやそこ私の部屋~~~~!(笑)

寮長、学校側に相談してみることに!

このままだと本当に私の生活に支障が出ると思い行動に移りました。

1.RA(寮長)に話す。
寮長は学生で、各建物に1人居ます。寮費タダ&一人部屋に住めるかわりに、なにか寮で問題があったらいつでも対応するお仕事!まずは話を聞いてもらい、会議をひらいてほしいと頼みました。

2.RAとルームメイトと話し合い。
話し合いは早いほうがいいと思ったので、ルームメイト全員の都合の良い時間を聞き、話し合いの時間を設け、その日の夜に話し合うことにしました。しかしここでミスったのは、1)話の筋道を立てていなかった。2)寮長が進行が下手だった。です。

寮長にとって、これが最初の問題。しかも19歳。寮長が最年少。かれが出した結論は、「子供が親を選べないように、ルームメイトたちだって仲良くしてみる必要はあるんじゃないかな?」です。これはダメだと思い、大人の力を借りることにしました。

3.Community Services Advisor (CSA)と話し合う。
CSAとは、寮に住み、寮を管理する大学の職員です。彼は6年間この寮に住んでいるので、こういった類の問題を解決するのは慣れていますが、忙しいので本当に困ったときに頼む感じらしい。寮長と話したが決着がつかないので話し合いをしたいと言うとおっけーとのこと。次の週の月曜日に話すことが決まりました。

ここで私がしなければならなかったことが、『話すことを練習しておく』ことでした。自分の意見を主張するのが大の苦手な私。ましてはネイティブ相手に勝負するなんて本当にメンタルが崩壊しないかヒヤヒヤ…しかーし、これをやっておかないと勝利は見えない。と思い、ルームメイトにアドバイスをもらいながらどんなふうに相手を論破出来るか頑張って考え練習しました。気が弱い人限定の項目です。(笑)

決戦の会議

まずはCSAに”何が問題なのか”と尋ねられたので、

私が「他人の彼氏の裸なんか見たくないし、ルールも守ってくれないので第一にそれを守ってほしい」と、ズバっと主張。

するとマリエは「私の場所は私が何してもいいはずです。少なくとも前の学校では良かった。」とのこと。

CSA「さっふぉーの話は筋道が立っている。マリエ、ここは前の学校とは違うし、君はさっふぉの裸を見たことがあるかい?ましては彼氏の裸を見ていい気がするルームメイトなんているかい?それはちょっと違うんじゃないかな。」

マリエ「昔から親は私のすることには全部やってみなさいって言われてたから自分がやってることが違うっていうのがわからないし、自分が間違ってるとも思いません」

CSA「でもルームメイトが嫌だって言ってるんだから、それは考慮するべきだろう。ちゃんと言ってくれていることにも感謝するべきだと思うよ。」

マ「Thank you」

CSA「本当にそう思ってるのかい?」

マ「思ってますよ!じゃあなんですか、Thank you(超いやみったらしい感じ)ってでも言えばいいんですか!」

ご立腹マリエ。

とりあえず、CSAは、この状況をひと通り把握してくれたみたいで、

とりあえず二人っきりでルールを作れ との指示が下されました。他のルームメイトたちとCSAはお外に行ってお部屋は2人っきりに。

マリエに「You made the domino effect!」と言われました。

(さっふぉー:ほう…なんだそれは…わからないことは訪ねよう。)

サ「What is the domino effect?」

マリエにグーグル翻訳使え!と言われてしまいましたが(照) あとでルームメイトに聞くと、「私のせいで、次々と他のことが起こった」ということみたいです。

Scan6

なぁるほど。でもそんなのお構いなしにルールを決め、サインし、会議は終了。CSAは近いうちに決断を下すねと言って去って行きました。

そして次の日の夕方。ルームメイトから「マリエ出て行く」という連絡が。おそらく彼女が出たいと言ったのか、CSAがそういった決断をくだしたか、あるいは双方かちょっときわどいのですが、後日マリエとCSAからも直接聞き、その翌週にはマリエは別の寮の部屋にお引っ越しし現在平穏な日々と暮らしております。。

部屋バトルを振り返ってみて

寮と言えば、外出届や訪問者の管理がしっかりしているイメージでしたが、やはりアメリカ。特にうちの寮は自由なので、今回の事件が起こり得たのかもしれません。

私も彼女と仲良くなろうと遊びに行ったりしたのですが、マリエ(ちなみに19歳)の彼の趣味(ガラス工芸)を彼氏んちの工房と言う名の車庫(極寒)で2時間見学したり、未成年立入禁止のカジノの周りを散歩したり(寒い)…あまり楽しめませんでした。。寒かったなぁ。。

私がマリエに悪いことしたなと思う点は、すぐに事態に対応しなかったことです。私はいつも事が起こった時は何も考えられず、あとでルームメイトたちに助けを求めた後行動に起こすので、マリエに

Be more expressive! Come to me directly!

というルールを加えられ、謝りました。

余談ですが、私の友達で寮長をやっている子に聞くと、一番多い苦情のケースは、匂いがキツイらしいです。体臭や香水や芳香剤など。マリエも言ったとおり、匂いだけで部屋の移動というのはなかなか難しいらしいです。アメリカだけでなく、海外大に進む人で寮に住もうと思っている場合、一人部屋は高いのでシェアルームなることは大いにありえます。その場合こういったケースに出くわす可能性はゼロとはいえません。そんな時は是非友達、寮長、CSAに相談、そして解決法を考えてもらい、一刻も早く快適ライフを手に入れることをおすすめします。

ちなみに私は来セメから今のルームメイトたちと、アパートに引っ越す予定です(⌒▽⌒)ニコ

       

Sapphoo

さっふぉーです。Hawaiiのコミカレ卒業後、North Bayにある州立大学に編入し、ついに留学4年目Senior。日常の話から苦労したエピソードなどをゆるく時に情熱的に発信。どこでも歌って踊る自称道端アイドル。なんちゃって。