必見!サンフランシスコ・イーストベイのチョコレート食べまくりレポート <前半>

       
3817 VIEWS
CATEGORIES:eat
IMG_20150131_155322

sayamame

Feb.10.2015 - 02:40 am

実はサンフランシスコ近辺って、チョコがうんまいお店いっぱいあるけど知ってた!?
ってことで、今回はベイエリアのチョコレート屋さん7軒のチョコレートを食べ比べしてみたのでレポートします!

一人でやるとお財布もカロリーも大変なことになるので、チョコ大好き女子を召還して計7名で実食。

「お土産・ギフトに選ぶなら?」から「自分へのご指名買いならどれ?」などなど、いろんな方面で やかましく  詳しく チェックしてみたので、どうぞご堪能あれ♡

1)Coracao confections (Berkeley)

エントリーナンバー1は、「Corcao Confections」!!
10257562_881694735206544_7926457090170254075_o
ファーマーズマーケットにて買えるここのチョコのすごいとこは、その健康志向。
Everything is made with unroasted cacao and the most pure & organic ingredients possible. It’s also dairy free*, gluten free**, soy free, low glycemic*** and most importantly, soul satisfyingly DELICIOUS! (HPより)
dairy free*=乳製品不使用 , gluten free**=小麦粉に含まれるグルテンという成分不使用(原料にも使ってないし、他の小麦粉使う製品とは違うところで作ってるから混入もないよということみたい), low glycemic***=GI値が低い、つまり血糖値のあがり方が穏やかってこと

この健康へのこだわり!うーん、カリフォルニアっぽい!

今回皆で食べたのはこのチョコ、 ”Caramel Cup”
一粒あたりはたけのこの里よりちょっと大きいぐらい。カヌレみたいな形で可愛いよねー
10955745_881696021873082_8591704709924568606_o
気になるお味はキャラメルなのにあっさり、ちょうどいい甘さ!
女子達からは口々に「食べた後、甘さじゃなくて香りが残るのが”いいチョコ”って感じ」「このキャラメル、歯にくっつかなくて食べやすい」などなどのお言葉が。
 
2)Chocolatier Blue (Berkeley / Downtown)
お次はダウンタウンバークレー駅近くのChocolatier Blue。
10974589_881694441873240_153516776256732659_o
こんな可愛い店構えだけど、ちっちゃいお店だからかうっかり見落としちゃいがちだそうな。(周辺住人談)

お店にはめーっちゃくちゃいろんな種類があるんだけど、今回はこの6種をチョイス。カラフルな見た目で、食べる前からテンションあがるね!(`・ω・´) シャキーン
IMG_20150201_151123
写真の一番奥の赤いハートから時計回りに、Pineapple Basil, Blueberry Yogurt,  Grapefruit Champagne, Hazelnut, Cockies&Cream, Pistachio
他のお店では見ない組み合わせの数々。全員やや緊張の面持ちで口に運んでみると…これが…超おいしい!!!!!!

フルーツ系もナッツ系も、フレーバーが浮かずに一つの味にまとまっているのは、お見事という他なし。
持ち寄ったチョコ全部食べてから投票した「日本人へのお土産を選ぶならここランキング」にて、ぶっちぎりの1位も納得!

フルーツとかの素材はバークレーのファーマーズマーケットとかから仕入れてるそうで、そんな地元ラブなところも素敵♪

3)Charles Chocolate (San Francisco / Mission)
 サンフランシスコ屈指のグルメエリアMissionからは、Charles Chocolate。
ショップから奥の工場がばっちり見えててわくわく。
ファクトリーツアーもやってるそうで、工場見学マニアにはたまらない!
IMG_20150131_155157
ショップのお姉さんにおすすめを聞いてみたところ生チョコを紹介されたので、おとなしく従ってみることに。

写真ではわかりづらいけど、箱自体が手のひらサイズで、ひとつひとつのチョコはm&m’sくらい。超こぶりなんだけど、いいチョコってちょっとずつ噛み締めたいから、むしろそれがいいよね的な。
10945896_881695938539757_9061365445426173808_o
口どけは超〜〜〜〜クリーミーで、ミルク感強めの中身とまわりにまぶされたカカオパウダーが絶妙にマッチ。
しばし生チョコから遠ざかっていた参加者一同からは(アメリカでは生チョコほとんど売ってない)、ため息がもれました。

アメリカでのレア度と高級感のある包装(しっかりした厚紙&マグネット式の留め具)で、「アメリカ人へのお土産・ギフトにいいね!」との声多数☆

4)CASA DE CHOCOLATE (Berkeley / Elmwood)
続いては、これまでの3軒からは打って変わってラテンアメリカの雰囲気を感じさせるCASA DE CHOCOLATE!
10450376_10152991115240041_3858840223982177781_n
HPによるとオーナーの女性がメキシコ系の方で、ラテンアメリカの文化にインスピレーションを受けたチョコレートがここの特徴らしい。
Our mission is to introduce our customers to the fascinating and complex history of chocolate – originating from the people of Mesoamerica who started their love affair with cacao as far back as 1200 B.C (HPより)

チョコレートって欧米のイメージが強いけど、カカオはもともと中南米から来たんだもんな・・としばし歴史に思いを馳せる。

が、今回はまず味を確かめる日なので、そこは置いといてとにかく実食!!!
10842357_881695851873099_5219885110968114504_o
左上から時計回りに、赤っぽいのがMole、レース柄がプリントされてるのがCoconut、緑の丸いのがPassion Fruits

一口食べて、驚きに目を見開く我々。
何この味、鮮烈・・・・!!!

Passion Fruitsはフレッシュジュースを飲んだようなジューシーさ、Coconutはココナツフレーク入りの濃厚フレーバー。
そしてMoleは、チリを始めとするたくさんの種類のスパイスが融合して、チャイのような奥深さ。中毒者続出の味!

圧倒的なうまさを見せつけたCASA DE CHOCOLATEは、総合ランキング2位!
CASA DE CHOCOLATEで2位ならいったい1位はどこなのか!?
残る3軒の紹介は後半をチェック!!!

       

sayamame

バークレー在住の既婚アラサー。IT関係の仕事をやりつつ、ぼちぼち主婦業をやりつつ。 グルメ情報、遊び情報などなど、地元民にもツーリストにも嬉しい記事を目指します〜