アニマルシェルターでボランティア(という名のご褒美)をしてみた

       
2080 VIEWS
CATEGORIES:memo
1982073_672087032832412_1668925346_n

Koko

Jun.11.2014 - 12:56 am

ベイエリアに越して来たばかりの頃、あまりすることもなく、動物と触れ合えるチャンスに飢えていたので、シェルターでボランティアをすることにしました。

バークレーには二つのシェルターがあり(Berkeley Animal Care Services (BACS)とBerkeley-East Bay Humane Society)、どちらのシェルターもボランティアを常時募集しています。今回はBerkeley Animal Care Services (BACS)について書こうと思います。

BACSシェルターは2013年に新しい建物が完成し、より多くの動物を保護できるようになりました。古い建物にはなかった医療施設がシェルター内に完備され、獣医による診療や不妊手術が可能になりました。シェルターでは主に犬と猫、ごく稀にニワトリやウサギ、モルモットなどの動物が保護されています。178171_458460637528387_126978717_o 新しい建物

犬か猫どちらに携わりたいかで内容がまったく違うものになりますが、主に以下のことをします。

 

  • 犬ボランティア: 散歩、ボール遊び、しつけなど
  • 猫ボランティア: 触れ合う、おもちゃで遊ぶなど
 

もちろん両方することも可能です。犬猫好きな人にはたまらないと思います。私も始めてみて、なにこの猫カフェ!?と思いました。こう書いてあると、そんな遊びみたいなボランティア必要あるのか?とお思いかもしれませんが、シェルターの中で毎日を過ごしている犬や猫たちのストレス解消にボランティアの方の散歩や遊びの時間は大きな役割を果たしています。ベテランのボランティアになれば、犬のしつけ、臆病な猫の心を開かせるなど、シェルターの動物たちが引き取られやすいように導いてあげることも重要な仕事の一つです。

因みにバークレーでは基本的に犬にリードをつけなくてもいいのですが、シェルターの犬たちはトラブルを避けるためリードをつけなくてはいけません。

Elton, A023448, kennel 8, M, 4 mos, black Pit Bull, avail 12/7/2010
シェルターでボランティアを始めるにあたり、簡単なオリエンテーションがあります。日本人の私からみて少し驚いたのが、親子連れのボランティアの多さです。オリエンテーションで2,3組の親子と一緒になりました。10-14歳の子供は親御さん同伴であればボランティアをすることが可能です。15-17歳の子供は一人でもボランティアができるようになります。現在BACSでアクティブに活動しているボランティアは100人以上もいるそうです。ボランティア活動はアメリカの大学への入学の時にも大なり小なり有利に働きますし、文化的にボランティアがしやすい環境になっているのかもしれないですね。

5133679888_a7e2de9f4d_b BACSボランティア

オリエンテーションを終えると晴れてBACSボランティアとして活動が出来るようになります。(犬ボランティアの場合はさらに1対1の個人指導を受けます。)ボランティアにはネームプレートが与えられ、いつでもシェルターに行き、猫と遊んだり、犬を散歩させることが出来ます。ネームプレートには緑、黄、赤いずれかのシールが貼ってあり、以下の分類になります。

犬、猫がいる部屋にはってあるインフォメーションシートを見て、シールの色を確かめたあとに入室します。初心者のボランティアは緑から始めます。

 
  • 緑: 人懐っこい猫/小型犬の散歩
  • 黄: 少し慣れるのに時間がかかる猫/少し問題のある小型犬、中型犬の散歩
  • 赤: 警戒心の強い猫/何かしら問題のある犬、大型犬の散歩

385258_10200254230735058_1850423745_n

 写真は結構長い間シェルターで過ごした猫Gobi。彼のインフォメーションシートには緑のシールを張られていました。猫エイズ(FIV)持ちであったけど、とても穏やかな人懐っこい性格に一目惚れした女性に引き取られました。

 

このボランティアがまたとても楽しくてやりがいがあります。まずシェルターの動物たちはたいてい1日中室内で暇をもてあましているので、部屋の外でインフォーメーションシートを読んでいる間にも、早く入って来いと言わんばかりに自己主張してきます。

人懐っこい猫の場合だと、座った瞬間に膝を占領されたりもします。なんでこんなにいい犬/猫がシェルターにいるんだろう、と思うことも少なくないです。ボランティアだという感覚はまったくなく、至福の時間を過ごせます。さらにお世話してきた犬や猫がいい家庭に引き取られた時は少し寂しいですが、とても達成感があります。動物好きのあなた、シェルターでボランティアしてみてはいかがですか?

 

City of Berkeley: Animal Care Services

Address: 1 Bolivar Dr, Berkeley, CA 94710
Phone:(510) 981-6600
BACS Photo: Berkeley Anime Care Services Facebook Page
わんこ: https://flic.kr/p/8YG2zt
Volunteer Picture: https://flic.kr/p/8PDsbd

       

Koko

バークレー在住。大学留学を機に渡米し、いつの間にかアメリカ暦7年、ベイエリア暦は3年目に突入しました。映画、漫画、アニメ、コスプレ、動物全般が好き。猫2匹とまったり暮らしています。