カリフォルニアで車の免許取得③:Driving Test編

       
1742 VIEWS
CATEGORIES:memo
44af0278

Yuki

Jul.30.2014 - 08:15 pm

以前書いた免許取得の他の記事は以下のリンクよりご覧ください。

 – 【アメリカ】カリフォルニアで車の免許取得:筆記試験編
【アメリカ】カリフォルニアで車の免許取得②:実技試験練習編


どうでもいいのはこちらから。
 – 【どうでもいい】Mustangが最高だったのでMINIへの10年の片思いが終わりそうである
【どうでもいい】足と腕が短かすぎて悲しくなった


————————-

今日はいよいよ実技試験を受けてきました。ほんとは先週の木曜に受けるはずだったんですけど、レンタカーの名義人がルームメイトだったためにこれがDMVのルール上だめらしいので今日に受け直しです。レンタカーを借りて試験受けるときは必ず自分の名前で借りましょう。

今日もレンタカーを借りてきました。
photo 2-5
今回はこのように小さくて日本車なので足が短くて困ることもありませんでした。
しかしアメリカで最初に運転した車がMustangだったのでこのデミオ運転しにくかった…それと調子に乗れないし気分も上がらない…ううっ。やっぱ買うとしたらMustangですね。完全にルームメイトの影響w

レ ンタカーを借りる時に私のように正式に免許を持ってない人は免許を持っている人に来てもらわないといけないって聞いてたもんですから免許持ってるアメ人の お兄さんにHerzまでついてきてもらったんですが、まさかの私ひとりでもよかったパターンでしたw ただの送り迎えだけさせてしまって申し訳なかったですね…。(※ルームメイトはべガス旅行中)
仮免とPhoto ID(写真付きの身分証明書のこと。State IDない人はパスポートが無難)だけ出したらあっさり貸してくれましたw

ってことでこれはデミオですかね。デミオで実技試験受けに行きました〜。
ア メリカで実技試験やるとなったらこのように自分で車を用意しなくちゃいけません。誰かに車を借りるか、このようにレンタルをするかですね。しかしこないだ はっちすたじおでYucaさんがドライビングスクールに行ったと記事を書かれていたのでこんなやり方もあるのかとびっくりしました!
Yucaさんの記事はこちら☞バークレーのドライビングスクールを体験してみた〜前半【アメリカの自動車教習所】
そして試験場って選べるんですね!わたしはもう必然的にチコなんですけどw たしかにサンフランシスコで試験を受けるのは私もぜっっっっったいに嫌ですね。あんな殺人的な坂道を初心者が運転するのは生き地獄でしょうな…。

では実際に実技試験がどんな風に進むのかを見ていきますか。

①受付
事前にDMVか電話で実技試験の予約を取っていたら最初に行かなきゃいけないカウンターではなく、Driving Test Appointment Lineという札が出てるカウンターに行って担当の人が来るまで待ちます。そんで実技試験担当の人が来たら予約を何時に取っているんだけど言って本人確認が始まります。
私はDMVで予約を取ったので予約確認の紙をもらっていましたからそれと筆記試験が終わった時に貰う仮免を出したらオッケーでした。あとは車の保険の書類ですね。今回はレンタカーを借りたのでレンタカー借りた時にもらったレシート見せました。
これですね↓
From Skitch-1
んで最後に指紋取ったら、場所を指定されます。そこまで自分で車を運転してそこから試験が始まります。

②試験開始
指定されたとこまで車を運転したら試験官のおばさんが待っています。わたしは受付してくれたおばさんを同じ人でした。
試験は原点方式です。16箇所以上ミスしたらアウトです。
最 初は車の機能の試験です。わたしはウインカーを左右つけろ・ワイパー動かせ・寒い時に曇った時にどこ押せばいいかについて聞かれました。英語がわからなく ても日本語に訳してくれますよw ただ英語分からないのはつらいので、最低限の車の機能の名前は覚えておきましょう…。
それから実際に公道を走ります。試験官のおばさんが右曲がれだとか車線変更しろだとか言ってきます。それに忠実に従いましょう。グレたら落ちます。そしてSTOPとなっているとこではちゃんと止まる・制限速度はしっかり守る・車線変更するときはミラーと後ろを見るなどをチェックされています。
ルームメイトからは縦列駐車があるよと言われたんですが、わたしはただ道のはじっこに突っ込んで駐車するだけだったので縦列駐車はありませんでした。結構頑張って練習してたんですけどね。まあこれは試験官によるのかなと思います。
あと私がやったのはまっすぐに30feetバックするというやつでした。これをやったらDMVに戻って試験は終わり。

最後にその場で合否が発表されます。先ほど述べた通り、16箇所以上で不合格です。わたしはなんとか15箇所だったのでほんとギリギリ合格。よかったですー。
そんでダメだったとこを試験官のおばさんに指摘され、試験のスコアの紙を貰えます。
photo 1-5
試験はこれで終わりです。

③免許証の受け取り
End of Driving Testのとこに車を止めて試験が終わったらDMVの中に戻って免許証が貰えます。免許証といっても正式なやつは郵送されて届くのでそれまでの仮の紙の免許証が手渡されます。
photo 2-6
てかこれ見てて今気付いたんですけど、免許の期限が切れるのが今年の10月27日って何事ですかね…あと三ヶ月後ですよ…はあ?
まあ来月NY州に引っ越しますし、そこで書き換えするからいいのかもしれないけどどうなんだろう。わたし21歳になるのは来年の1月だしなあ。うーん。
ルームメイトに聞いてみようと思います。

【まとめ】

てことで終わりです。あっさり終わりました。アメリカはこういうのがあっさりしてるので私のような面倒くさがり屋なやつにとってはとってもありがたいです。お金も最初に払った33ドルしかかかってません。(まあ車借りるのに$350くらいかかってるけど…)
筆記試験受けてからだいたい2週間で終わりました。いろいろモタモタしてなかったら一週間で終わったんですけどね。まあ2週間でも早い方です。

州が違うとどこまで免許取得に差があるのかは分かりませんが、まあだいたいは同じなのではないかなと予測します。ただ日本語補助があるのは限られてくるという噂なので英語に自信がない人はカリフォルニアでの取得をおすすめします。

嗚呼車がほしい。

       

Yuki

北カリフォルニアのコミカレからSUNY Albanyへ編入した留学4年目の大学4年生。マンハッタンだけじゃない、ニューヨーク州の素敵なところやSUNYの大学留学情報をたくさん紹介していきます。