はっち連載スタート!高木友夏里コラム『世界中で暮らす。』オリジナル秘話 -天職について-

       
254 VIEWS
CATEGORIES:memo
Screen Shot 2017-12-05 at 11.57.34 PM

yukari

Dec.10.2017 - 07:46 pm

noteで人気コラムを書く『世界中で暮らす。』の高木友夏里さんが、はっちすたじおで、コラムごとのオリジナル秘話を書いてくれることになりました♪わーい!
実は、以前はっちすたじおで、高木友夏里さんのコラム『なぜ規律の取れた日本より、はちゃめちゃなニューヨークの方がすごしやすいのか。』を紹介したら、大人気だったのもあり、高木友夏里さんファンには嬉しい秘話コラム!!

日本だけの価値観にとらわれない高木友夏里さんの時には鋭く、そして自分の幸せ追求する価値観は、本質的なことを忘れがちになる日々でふと気づかせてくれ、見つめ直すきっかけになるのであーる(๑´⍢`๑)(๑´⍢`๑)必見!




こんにちは。この度新たにはっちすたじおで書くことになったyukariです。
今は冬本番を前に、冬服を揃えたり衣替えをしたり、クリスマスツリーを出したりと季節の変わり目を楽しんでいます。みなさんはいかがおすごしですか?

年末が近づいてきて、今年1年を振り返ったとき、仕事のことが頭に浮かびました。いまわたしは英語を教える仕事をしているんですが、それがいままでの仕事の中で一番楽しめています。なぜそうなれたのか、なぜ好きな仕事に就くことができたのか、そんなことを考えながら記事をnoteに書いてみました。

テーマは「天職について」です。

Screen Shot 2017-12-06 at 12.04.01 AM

今回のコラム『天職を探すよりも、今やりたいことをやる。それが結果として仕事になる。

これを書いたきっかけは、いまの英語を教える仕事が、いままでの仕事の中で一番楽しいなあとふと思ったのがきっかけでした。わたしは20代の頃は仕事に重きを置きすぎていて、「天職を見つける=幸せ」だと思っていたんです。いまでも天職を見つけたら幸せだろうとは思うんですが、それは幸せのひとつの要素でしかないですよね。でも昔は仕事が人生のすべて、みたいな風に思っていたんです。

でもそれだと生きるのがキツくて。それになかなか天職も見つからなくて、そうなると焦りの気持ちも出てきて、なんとなく、ずっと生き急いでいる感じがしてたんです。

でもあるときから、たぶんNYに行くちょっと前くらいからだと思うんですが、「天職探すのやめよう」と思って。そして「仕事は別にしなくてもいいや」って思うようになったんです。それで無職でNY行って、帰ってきてからも働かずにお金貯めずに両親説得してお金もらって留学したりして。

そうするうちに英語が大好きになっていって、自然な流れでいまの英語の仕事に就けていて。なんにも計画していなかったのに、働かずに(笑)やりたいことやっていたら、なんだか知らないけれど天職出会っちゃったぞ、みたいな(笑)

そんな感じで、力んでた20代だったけど、ちょっと肩の力抜いて気楽に生きてやりたいことやりはじめたら、出会っちゃうものなんだなあと思って、この記事を書きました。なんだ、人生ゆるくていいんじゃないか、と。

いま英語の仕事をし始めて半年くらいなんですが、もともと自分でやりたい願望があるので、やっぱり英会話スクールも自分で開きたいなあと思っていて計画中です。

慣れないホームページ作成やら、集客やら、やらなきゃいけないことはたくさんあるけれど、まあこれも力まずゆるくやっていこうかな、という感じです。

今回のコラムをじっくり読む→『天職を探すよりも、今やりたいことをやる。それが結果として仕事になる。

世界中で暮らす。』にてコラムをお届け中。

偶然訪れたニューヨークに恋をしてそのまま住んだり、オーストラリアで暮らしたり。世界中のどこかで暮らす高木友夏里のコラムです。

Screen Shot 2017-12-05 at 8.50.59 PM
世界中で暮らす。』→ https://note.mu/newyorklife

【Facebook】https://www.facebook.com/yukari.takagi.35
【Twitter】https://twitter.com/takagi_yukari

       

yukari

偶然訪れたニューヨークに恋をしてそのまま住んだり、オーストラリアで暮らしたり。世界中のどこかで暮らす高木友夏里のコラムです。