アメリカで身を守るために気をつけている事 ー 護身術のクラス、服装、バーでのドリンク

       
1475 VIEWS
CATEGORIES:memo
blog-self-defense

3kki

Nov.10.2016 - 08:09 pm

以前、サンフランシスコの治安に関する記事を書いた。今回はアメリカで身を守るために気をつけていることや、実践していることについて紹介できれば、と思う。



1. 護身術のクラスをとってみた

1年半くらい前に、Self defense (護身術)のクラスをとった。自分の身は自分で守るしかないし、いざというときに習っておいた方がいいなと思ったのがきっかけだった。また、海外ドラマで護身術のクラスをとる場面があったので、頭の中でいつかとるべきだと思っていたのかもしれない(笑)

思ったよりハードなクラスだったが、とても勉強になり、クタクタになりながらも受講して良かったと思った。クラスに参加していたのは全員女性。最初にこのクラスをとったきっかけや理由を発表したが、大体の参加者は少しでも暗いところや人気がないところを歩くのが怖い・抵抗がある、との回答がほとんどだった。

15296167907_ce2feaf18d_k
image: https://www.flickr.com/photos/210fib/

インストラクターは数人いて、危険な場面をいくつか想定しながら、護身術を学ぶという方式だった。まずは声を出す練習。声が小さめな私には結構チャレンジだったが、大きな声で”NO!”  “You are making me uncomfortable”  “Don’t come here” など、何かしら叫びながら後に少しずつ下がっていく。それでも相手が近づいてくることを想定し、その後急所を狙ってキックをしたり、お腹や顔をパンチしたり、投げ倒したり、と思ったよりも激しい内容だった。しかも、インストラクターは巨大な防御マスクをしていて、どれだけ生徒に殴られても大丈夫なようになっていた。(少しでもイメージをつかみたい方はこちらのビデオをどうぞ)。

自分にもできるかな?と少し心配したが、教えてもらいながらビギナーのクラスを終了。一人ずつみんなの前で実践したが、他の参加者がその間応援してくれ、掛け声をたくさんかけてくれるのが良かった。インストラクターが、「残念ながら、このクラスをとった人で、実際にこの護身術を実践しなければいけなかった人がいたのだけれど、その間みんなの応援してくれる声が聞こえてくるようで何とか乗り越えることができたのよ」と言っていた。機会があれば、上級者コースも受講してみたい。



2. 場所によって服装や身の回りに注意する

girl-926331_1920
これは当たり前、といえば当たり前かもしれないのだが、出かけるエリアによって服装などを気にかけるようにしている。

例えば、あまり治安のよくないエリアに行くときにはスカートではなくてジーンズ、一番目立たないカバン、アクセサリーをつけない、といった具合だ。どれだけ効果があるかはわからないが、やはり目立ったり気を引くような格好をしない方が安全な場合もたくさんあるかと思う。



3. 携帯を外で操作しない、Uberに乗っても場所を常に確認する

smartphone-569076_1920
アメリカ人の友達に以前、「歩きながら携帯をいじったらダメだよ。盗られるから。」と言われた。「そうなのかな?携帯を見ている人たくさん道で見るけど・・」と思ったこともあったのだが、ベイエリアに引っ越してきてから、ルームメイトの友達が銃を突きつけられてから携帯を盗まれたという話を聞いて、これは本当に気をつけるべきだと再認識した。特に夕方以降一人で歩くときは、家を出る前や、店内で道を確認してなるべく外では携帯を見ないようにしている。

また、UberやLyft、タクシーを利用する際も、乗車後必ず携帯でマップを見て、目的地に向かっているか確認するようにしている。確率は低いと思うが、どこか見知らぬ場所に連れて行かれる可能性もゼロとは言えない。



4. バーでドリンクを注文した際は目を離さないようにする

cocktail-919074_1920
これもアメリカ人の友達から聞いたのだが、「バーでは絶対に自分のドリンクから目を離したらダメだよ。もしテーブルとかに置いて放っておいた場合は、飲まない方がいい。薬とか入れられてるかもしれないから。」と言われた。何かしらの薬を入れられて、その後気を失って襲われたりすることがあるからだ。

これを聞いてから、バーでドリンクを注文した場合は目を話さない・手放さない、あるいはどこかに置いたらそれ以降は飲まないようにしている。



5. ペッパースプレーを持ち歩く

友達からペッパースプレーをもらったのだが、使う練習をしていなかった。そして、この前政府機関の建物に行ったときに、カバンに入っていたペッパースプレーをセキュリティーチェックのおじさんが見つけ、「なんでこんなものを持っているんだ!これは武器だってことをわかっているのか!!」とキレられ、速攻捨てられてしまった。新しいペッパースプレーを買って、今度はちゃんと使う練習をして持ち歩こうと思う。



woman-420750_1920
こちらに紹介した他にも、「ポニーテールをするとつかまれやすいから、やめた方がいい」など、同僚にもらったアドバイスなどもあります。みなさんは他に、普段身を守るために気をつけている事などありますか?

シリコンバレー在住・IT企業勤務のライター個人ブログ「My Life In The Bay Area」。こちらも是非、ご覧ください。

       

3kki

アラサー女子、日本育ち、一年間の交換留学経験有り。2013年に仕事 (IT関係) でベイエリアに引越してきました。職場での奮闘や日常生活について発信しています。自身のブログhttp://ameblo.jp/3kkibayarea/も更新しています。