中学生から始めた英語の勉強法を振り返ってみました。

       
1536 VIEWS
CATEGORIES:memo
studying 2

3kki

May.11.2016 - 09:25 pm

今回は、しばしば聞かれる「英語をどうやって勉強したの?」という質問について、今まで行った英語の勉強法を振り返ってみたので紹介したい。

私は学生時代に留学した9か月+アメリカに移住してからの2年9か月、合計3年半海外で生活した経験がある。それ以外は日本で生まれ育った。英語を勉強し始めたのは、中学一年生になったときだ。はじめはA, B, C・・・と、アルファベットを覚えるところから始まった。

 

NHKのラジオ英会話を聞き続けた学生時代

私はNHKのラジオ英会話を中学一年生〜大学が終わるまで、ほぼ毎日欠かさず聞いていた。手軽に英語が習える上に、毎日15分続けるというスタイルが好きだった。

何か新しいフレーズを覚えるたびに繰り返し発音して覚えたり、同時にアメリカの社会問題を知ったり、時には歌詞の説明を聞いたり、毎日何か新しいことを学んでいた。レベル別にいくつも講座(基礎英語〜ビジネス英語)あるので、自分のレベルに合った講座を選ぶことができるのも魅力的だ。

また、ラジオ講座に合わせて、テレビの英会話番組もくまなくチェックしていた。5分のみのトラベル英会話から、30分の講座まで、ラジオ以外にもいくつか講座があり、時間さえあれば見ていた気がする。ここまでくると、NHK語学講座のマニアみたいだが・・・(笑)

 

CNN, ABCなどアメリカのニュースを活用

日本にいた時に、BSで毎日CNNやABCが10分単位で1日に数回放送されていた。夕方には少し長めのABC Nightline Newsというアメリカの社会問題を扱った番組も放送されていた。

高校生くらいからニュースを見るようになり、これもいつの間にか習慣になっていた。放送される時間をチェックし、その時間になるとテレビの前に座って、メモをとる準備をする。ニュースは、教科書や単語帳にないニュース特有の単語があるので、分からない単語がたくさん出てきた。その単語は書き留めて、後で辞書で意味を調べていた。

 

AFN (米軍放送)でアメリカの番組がリアルタイムに

日本では、American Forces Network (米軍放送)が24時間、AMラジオ( AM810 )で流れている。これは日本に住んでいる米軍、または米軍の家族向けの番組で、アメリカの番組がそのまま流れているのだ。ニュース( NPR )に限らず、音楽( American Top 40, Alternative Rock Station )、パソコンや車関連の番組、お悩み相談番組( Doctor Laura )など、ありとあらゆる番組が24時間流れている。

AFNはおそらく中学生の頃に発見し、それ以降は部屋でずっと流していた気がする。CNNで分からなくて調べた単語がNPRの番組に出てきたり、ディスカッションを聞いたり、社会情勢を追うこともできた。音楽は純粋に毎週のように楽しみにしていたし、お悩み相談では毎回出てくるお悩みが結構面白かったりして、全体的にどのコンテンツもとても楽しめると思う。何よりもアメリカの番組がリアルタイムで聞けるのが嬉しかった。

portable-radio-413732_1920
 

塾、英会話学校に行っていた時代

私の習った英語の多くは受験英語だった。高校生からは塾に行き、この塾はとにかく文法を徹底的に理解し、リーディングに力を入れていた。毎回出される宿題の量は半端なく、毎日多くの時間を塾の宿題に割いていた。ただ、塾に行ったからこそ、文法を網羅し、たくさんの単語を覚え、学校の勉強に比べてかなりのプラスαの力がついたことは間違いないと思う。

また、中学生の時には、実際に英語をネイティブの人と話す機会が欲しく、NOVAに一時期通っていた。教科書に出てこないような日常の英単語やフレーズを覚えたり、普段実践する機会がなかった英会話を習う機会があって、良かったと思う。

 

海外ドラマ、洋楽などのエンターテイメントをチェック

中学生の時は海外ドラマを英語で見ても何も理解できなかったけれど、とりあえず何かしらドラマを2回(英語と日本語)で見るようにしていた。ドラマを理解できるようになったのは大分後になるが、少しでも単語やフレーズが分かると嬉しくなった。また、洋楽は中学生くらいから聞くようになり、好きな曲は歌詞をチェックしていた。

 

授業、仕事などで実践していった大学生・社会人の時期

大学生になってからは、授業で英語を使うことが多かった。授業の半分くらいは英語だった(先生が日本人でも英語しか使わない授業もあった)し、英語でプレゼンなどする機会があり、鍛えられたと思う。また、その後は留学し、社会人になってからは会社で半分くらい英語で仕事をしたりと、どんどん英語を実践的に使う機会が増え、毎日のように何かしら英語を使っていた。

100%英語で仕事をしている今、日々学ぶことの繰り返しだし、失敗も多いけれど、日々上達していければと思う。次のステップはジョークを分かるようになることと、難しいドラマを理解することかな、と思うが、これにはまた色々な努力や慣れが必要なのだろう。チャレンジな環境も学びに変えて、ポジティブにがんばっていければと思う。

 

シリコンバレー在住・IT企業勤務のライター個人ブログ「My Life In The Bay Area」。こちらも是非、ご覧ください。

       

3kki

アラサー女子、日本育ち、一年間の交換留学経験有り。2013年に仕事 (IT関係) でベイエリアに引越してきました。職場での奮闘や日常生活について発信しています。自身のブログhttp://ameblo.jp/3kkibayarea/も更新しています。